栃木県真岡市の循環器科・消化器科・内科・呼吸器科・各種検診・禁煙外来 さとう循環器科内科クリニック

head02.png
head_アクセス.png

すべては病める人々のために

sato_dr.jpg  「すべてはやめる人々のために」を理念として、さとう循環器科内科クリニックを設立して10年の歳月が過ぎました。
この間、私が一番得意とする循環器疾患を中心として、すぐ隣の何でも相談できるクリニックとしてできる限り最高の診断機器と技術で、一人一人にあったオーダーメイド診療に当たって参りました。また、この10年間に医療や医療機器の発達に伴い当院をとりまく医療技術の進歩に伴い当院も進歩して参りました。
 平成16年12月に開院して以降、平成17年には、開院当時施行していなかった内視鏡検査を内視鏡専門医の松村医師を招聘して開始いたしました。内視鏡施行件数は少ないものの、精度の高い検査を行いこれまでに多くの早期がんを発見できました。平成22年には、内視鏡スコープをより口径の細いものを導入し、より患者さんの負担の少ないものへと更新いたしました。
 平成18年には禁煙治療を開始いたしました。喫煙と肺疾患および循環器疾患と密接な関係があることから、禁煙治療の重大性を鑑みて開始当初は、あえて自由診療ではありましたが、早期に取り入れることといたしました。現在は、当院は禁煙治療の保険診療機関に指定されており保険診療が可能となっております。当初は、ニコチンパッチのみの診療でしたが、平成22年5月より飲み薬(バレニクリン)が使えるようになり、当院での成績でも禁煙成功率が大幅にアップしています。
 また、平成19年には、循環器疾患との関連から睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング検査を開始し多くの患者さんを見出しました。スクリーニング検査でさらなる検査が必要とされた方につきましては、獨協医科大学病院などで精密検査を受けていただきます。精査の結果CPAPが必要とされた患者さんは数回精密検査を受けた施設に通院していただき、安定したところで当院で治療を継続させていただきます。睡眠時無呼吸症候群は、いびきなどによる睡眠の質を低下させるだけでなく、突然死にもつながる恐ろしい病態であることが知られております。当該患者さんには、CPAP装着後は、それまでの睡眠に比して睡眠の質の改善が得られ、眠気などの自覚症の軽減が認められています。また、重大な脳・心疾患の抑制にも役立っているものと確信しております。
平成24年4月より、それまでのシングルプレーンCTよりスパイラルCTに機器を更新し、検査時間の短縮と検査の精度が大幅に向上し、平成25年末までの2年間で、肺がん、肺結核などの患者さんをたくさん発見することができるようになりました。
 狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患に関しましては、病診連携による済生会宇都宮病院での冠動脈CTにより、それまで入院でしか行えなかった冠動脈造影がCT検査で可能となり、早期の冠動脈疾患の患者さんの発見に大いに役立っております。患者さんご自身に対しても心臓カテーテル検査より、負担が少なくまた短時間で検査が終了するためより安全に検査が行えるようになりました。
検査機器としては、INR測定器を導入し、ワーファリン服用中の患者さんのINR値を直ちに測定可能とし、その導入や状態のチェックに役立てております。
 また、心電図モニターを導入し、状態の心配な患者さんや不整脈治療に際してのモニターを可能といたしました。
 平成24年10月ホルター心電図解析装置の新バージョンを導入いたしました。解析時間の短縮に貢献しております。

 今後も時代とともに、医療の進歩に即して、多くの地域の皆様とともにニーズに合わせた医療を提供できるよう発展し続け、皆様に必要とされるクリニックとなるよう努力を重ねていきたいと思います。



平成26年4月
さとう循環器科内科クリニック 院長 佐藤 吉弘

※ 睡眠時無呼吸症候群・・
10秒以上続く無呼吸が一晩(7時間以上の睡眠中)に30回以上もしくは睡眠1時間に5回以上起こること。高血圧、肥満の男性に多い。
原因は、睡眠中に舌根が沈下し気道をふさいでしまうことにより呼吸が停止する閉塞型であることが多く、この間に血中の酸素濃度が低下し心臓発作を起こすきっかけを作ります。また患者さん本人は気づかないうちに睡眠が浅くなり、熟眠感が欠乏し、昼間に寝入って仕事に集中できないなどの症状が出現し重大な事故につながる可能性があります。

※ CPAP治療・・
CPAP(シーパップ)は、睡眠時無呼吸症候群のもっとも重要な治療で、鼻に装着したマスクから一定の圧力をもった空気を送り込むことで、狭くなった気道を広げる方法。
CPAPを使うと、空気の風圧により、気道の中にスペースが確保され、スムースに鼻で呼吸をすることが出来るようになります。
ほとんどの方が使用初日からほとんどいびきをかかなくなり、睡眠の質が改善し、昼間の眠気も軽減されます。

当院の診療方針

1. 安全な医療を提供いたします。
2. 迅速な対応に努めます。
3. 親切で丁寧に応対いたします。
4. 個人情報の保護を遵守いたします。

 当院におきまして皆様がお話しになったこと、また採取されたさまざまなデータは、個人の健康の増進、疾患の改善に役立てることのみに使用され、他の病院に紹介状を書く必要性があることなどを除き、許可なく個人が特定されるこのようなデータを他には漏らさない、ということをお約束させていただきます。

サイド住所表記01.png

さとう循環器科内科クリニック
循環器科・消化器科・内科・呼吸器科
各種検診・禁煙外来
〒 321-4369栃木県真岡市熊倉3-34-14
TEL:0285-84-7757

森川内科・外科クリニックバナー03.jpg

*診療日・診察時間のご案内

診療時間 日・祝

午前

9:00〜12:30

午後

3:00〜7:00


※土曜午後は2:30から5:30まで
●は休診日(木曜午後、および日曜・祝日)